HOME > 料金表

インプラント治療Q&A

No.0141 インプラントのために、隣の歯をなんの支障もないけれど削って、ブリッジにしています。このブリッジの歯が虫歯になってしまいました。

ご相談内容
以前より歯の治療でどうしたものかと悩んでおり、メールを書かせていただきました。 私は10年以上前にインプラント(ブローネマルクではありません)したのですが、ここにきて、いろんな支障をきたし、<******>大学とか <******>大学で診てもらったところ、前者は、現在のインプラントをはずして、入れ歯にした方がいいとのこと、後者は、インプラントをはずして、そこに骨移植して、再度インプラントした方がいいとのこと。どちらにも決断できず、また新たな深刻な問題が起こってしまいました。 というのも、以前のインプラントのため(ブリッジで安定させている)に、糸きり歯とその隣の前歯をなんの支障もないけれど削って、ブリッジにしているのですが、なんとその前歯の差し歯(つまりブリッジの一番端)の付け根がいつの間にか虫歯になってしまったらしく、ある日、突然、欠けてほとんどブリッジがぶらさがっている状態で、いつ取れてもおかしくないほどです。こんなになってることが気づかず、情けない限りなのですが、どうしたらいいのやらと途方に暮れております。 この歯は、神経があるはずなのですが、痛みはそれほどでもありませんが、見る限りでは、もう抜くしかないような状態ですが、私としては、抜くしんかないなら、どこまで持つかわからなくてもそのままにしておきたいと思っております。 ですから、取れてから、もしくはこの歯が激痛になってきたら考えるしかありませんが、とにかく、前歯のことなので、落ち込みもひどく、途方にくれております。なんとかアドバイスいただけませんでしょうか? 私の歯は、きっとブラックジャックみたいな先生を見つけるしか方法がないだろうと言われて、落ち込みの日々です。38歳です。 38才 女性

回答
。。。インプラントのために   隣の歯をなんの支障もないけれど削って、ブリッジにしている。。。 こういう結果になる事が多いと、 昔から報告されていましたので、 当院では、11年以上前からインプラントを始めましたが、 ベストな治療を目指していましたので、 一度もこの方法は取りませんでした。 。。。取れてから、もしくはこの歯が激痛になってきたら考える。。。 治療法には、 (1) もし悪くなったら、その後始末だけをする考えと、 (2) 将来の可能性を考えてあらかじめ行動しておく方法と、 二通りあります。 (1) は、もし何も困る事が一生起きなければ、 今は何もしなくて良いので、 早く、楽で、簡単であり、お互い大変好都合ですが、 普通その結果は、繰り返し、困る事が終わらないだけでなく、 以前よりも、大変困る事が多いものです。 (2) は、ベストを求める為にお互いに難しく、 決断もしなければなりませんが、 被害を最低限に予防できるだけでなく、 最大の良い結果が得られるものです。 。。。ここにきて、いろんな支障をきたし。。。 妥協をすると、また繰り返しになる事が多いものです。 近い将来にも、同じか、今想像もしていない、もっと「いろんな支障をきたし」たりする危険の可能性があります。 「入れ歯にした方がいい」 「インプラントをはずして骨移植して、再度インプラントした方がいい」 こういったチャンスさえ、無くす危険があります。 ご担当の先生と良く相談を尽くされる様勧めます。 このメールにお返事を頂きました。 相 談 者: (以下、S) ご親切なメールどうもありがとうございました。誠に明快で論理的なお答えをいただきまして、これからの治療方針に前向きになることができました。   相  良: (以下、Dr.) こういう結果になる事が多いと、 昔から報告されていましたので、 当院では、11年以上前からインプラントを始めましたが、 ベストな治療を目指していましたので、 一度もこの方法は取りませんでした。   S: そうですね。あまりに知識がないままに医師にまかせてしまった感はあります。インプラントがだめになった場合、骨まで移植しなくてはいけないとかのリスクを私は知るよしもありませんでしたが、医師は危険性を知っていたのかもしれません。 しかし、自分の体のことなんだから、それくらいの考えが及ばなかった私の落度だと思います。ただ、これからは、後悔しない治療をする気でおります。   Dr.: (1)もし悪くなったら、その後始末だけをする考えと、 (2)将来の可能性を考えてあらかじめ行動しておく方法と、 二通りあります。 (1)は、もし何も困る事が一生起きなければ、 今は何もしなくて良いので、 早く、楽で、簡単であり、お互い大変好都合ですが、 普通その結果は、繰り返し、困る事が終わらないだけでなく、 以前よりも、大変困る事が多いものです。   S: そうですね。確かに、それは実感していることです。私には、以前の治療をどうすることもできないけれど、今度の治療は私の意志で変えることができるのですから。   Dr.: (2)は、ベストを求める為にお互いに難しく、 決断もしなければなりませんが、 被害を最低限に予防できるだけでなく、 最大の良い結果が得られるものです。   S: そうですね。入れ歯にしても骨の移植にしてもたいへんな決断が必要で、決断には、リスクの計算が必要ですから、もちろん経済的な側面もですが、なにより気力が必要で、時間をかけて検討する必要性があると思っています。   Dr.: 。。。ここにきて、いろんな支障をきたし。。。 妥協をすると、また繰り返しになる事が多いものです。 近い将来にも、同じか、今想像もしていない、 もっと「いろんな支障をきたし」たりする危険の可能性があります。 「入れ歯にした方がいい」 「 インプラントをはずして骨移植して、再度インプラントした方がいい」 こういったチャンスさえ、無くす危険があります。 ご担当の先生と良く相談を尽くされる様勧めます。   S: ありがとうございました。先生のアドバイスはとても親身で誠実で、十分に納得がいくものでした。本当にありがとうございました。今は、少し混乱していた問題をやはり解決しなければと思っております。 確かにおっしゃる通り、治療をしてくれる先生もいなくなる可能性がありますね。 ただ、いろんな意味で重大な治療なのに、なかなかゆっくりと相談にのっていただける時間がないようで、「決心できたら、来て下さい」みたいになっている状態です。 結局、問題は、入れ歯にするか移植にするかで、治療法によって、治療する病院も違ってくるので、なお悩んでおります。 私も今情報を集めている途中ですが、よろしければ、移植のリスクを教えていただけませんでしょうか? どこの骨を取るとか、歩くことに支障がある可能性とはどういうことでしょうか? 私はリスクさえ自分なりにクリアすれば、入れ歯ではなく骨の移植後の 再インプラントを考えております。時間も費用もリスクもより高いとは思いますが、一番の動機は、なにより歯の状態が人間性に影響すると思っているからです。 アドバイスいただいた上に申し訳ありませんが、もしよろしければ、セカンドオピニオンとして、直接、お伺いしてご意見を伺うことができればと思っております。 どうかよろしくお願いいたします。 上記のメールの返信です。 。。。移植のリスク。。。 (1)一般的な手術のリスク (2)移植自体のリスク (1)は、お判りのことと思います。(2)は、移植骨を取る場所と、入れる場所の両方に発生します。 取る場所、入れる場所によって異なります。御担当者に良くお尋ね下さい。 。。。どこの骨を取るとかはどういうことでしょうか。。。 必要な骨の量によっても、違います。少量で良ければ、口の中の別の場所から取ります。口の中でも、いろいろです。 。。。歩くことに支障がある可能性とはどういうことでしょうか。。。 骨の量が多く必要な場合は、全身麻酔で、腰の骨を一部削ってきて移植します。 その中でも、大きな形を取る場合は、腰への影響が少なくないために、しばらく歩行に不便があります。 最近では、腰骨の採取方法も、小さい手術で済むようにはなってきています。 。。。セカンドオピニオン。。。 いつでも受付けております。「セカンドオピニオンの予約を希望する」 とおっしゃって、受付にお申し込み下さい。

No.0142 前歯の差し歯をインプラントにする場合、治療時間や治療費(総額で)考えられるデメリットなどを教えてください。

ご相談内容
野球をやっていてバットがあたり前歯を3本差し歯にしたのですが(14歳頃)最近その歯の歯茎から膿がでているために現在かかっている歯科医に相談したところ前の歯科医の処置が不完全で本当はあるはずの炎症を防ぐ薬が漏れてしまっていて膿んでいるのだが、芯棒がかなり深くささっているために差し歯を取る時に歯が割れてしまいそうなので抜くしか方法がないといわれました。 そして今処置せずしばらくそのままにしておいたほうが良いということでほっておいていますがなんだか気持ち悪いのでインプラントのHPをみてもっと知りたいのですが治療時間や治療費(総額で)考えられるデメリットなどを教えてください。 31才男性

回答
大変遅くなり申し訳ありません。 。。。治療時間。。。 インプラントをする前に抜歯をして、 更に歯茎が治るまで待たねばなりません。 その時間や期間がまず必要で、 数ヶ月から1年かかる場合もあります。 その後に始めて終わるまで、 3ヶ月から半年以上かかります。 。。。治療費。。。 前歯は丈夫なだけでなく、きれいに作る事も計画すれば、 高くなることもあります。 お口の状況などでも計画が変れば、治療費も変わります。 お選びになった医院でも違いますので、直接お尋ね下さい。 。。。考えられるデメリット。。。 根本的に自然の歯と同じにはできないことです。 ご自分の根を残せるチャンスがあればそれを勧めます。 後は、手術をしますので、そのリスク、また、 治療にかかる、手間、時間、費用などは天然の歯と比べて最大です。

No.0143 前歯をインプラントにする場合、現時点で概算の治療費を算出することは可能ですか?

ご相談内容
交通事故で上の前歯が2本折れてしまいました。 現在は、差し歯ですが、担当医から次ぎ歯がとれたときは、もう差し歯ができないと言われました。 その場合、インプラントを考えているのですが、現時点で概算の治療費を算出することは可能でしょうか? と言いますのも、事故の損害賠償で将来の治療費も請求しようと考えているためです。 また、貴医院にて、診ていただきたいのですが、 その場合、用意すべき書類等(紹介状等)がありましたらご教示ください。 よろしくお願いします。 33才男性

回答
大変遅くなり申し訳ありません。 。。。現時点で概算の治療費を算出することは可能でしょうか?。。。   可能ではありますが、正確には難しいでしょう。 後で違いが出てくるかもしれません。 。。。用意すべき書類等(紹介状等)がありましたら。。。 第一に、お考えの事まで損害賠償に認められるかどうかの、 確認を取らなければなりません。 その確約を保険会社から書類にして頂くことが必要です。 実際に始められる場合も、治療費の支払方法を保険会社から、 書類で用意していただく必要があります。 賠償関係の書類以外では、 治療の経過がわかるレントゲンを含む資料があれば役立ちます。 又、治療費は、御本人の立て替え払いになることが多く、 治療開始日に、全額用意して医院に支払わねばなりません。

No.0144 海外在住ですが、帰国後のインプラント治療までに義歯をつけていてもいいですか。

ご相談内容
相良先生 せっかくアドバイスを頂いたのですが、お返事が送れて申し訳ありません。 10月の最終週よりしばらく学会で出張だったのでメールを確認することができないでおりました。 帰宅後、先生のアドバイス従い担当医の先生にインプラントのことを伺ってみました。 「前歯部分の骨は、抜歯や外傷或いは炎症の影響を受けると、常に早く吸収を起こして、外側から薄くなり、インプラントを埋められなくなる事もあります。」、「白人とは大きく違い、特に日本人の場合は著明です。」といった先生から頂いた情報を説明し、米国で治療を完了することができる治療開始時期は何時か、または来年7月帰国後に治療が可能かどうかの見込みをを聞いてみました。うまく質問内容が伝わったか不安なのですが、帰国後の治療で大丈夫だと説明を受けました。 私の主治医の強調する点は、術後の長期にわたるフォローのためにはそれがベストだという事でした。しかし、そう説明を受けても、私はインプラントの適応がなくなってしまうのではないかといまだに不安です。先生のお返事の中にあった、「骨が消えなければ可能です。」という点がとっても気になるのです。 先日、私の大学、University of <******>(U<*******>)、の歯学部に日本人の歯科医の先生が留学していることがわかったので、患部を見てもらいセカンドオピニオンをもらいましたが、帰国後の治療で大丈夫ではないかとの事でした。 ふたりの先生に同じ意見を頂き少しはほっとはしましたが、前述のようにインプラントの適応がなくなってしまうのではないかという心配と、異国の全く異なる診療システムの戸惑いや上手くいかない英会話への苛立ちに、なんとなく不安な毎日が続いております。また来週再診があるので、あきらめずに繰り返し自分の不安な点を訴えてみようと思います。 ホームページを拝見させていただくと、質問がとても多いようであり「相談コーナー」を一時中止されたとのこと。先生は一つ一つのメールに丁寧なお返事を書いていらっしゃるので、コーナーを続けることは大変なご苦労だとお察しいたします。 また、先生の親切なホームページ、そして丁寧なお返事を目にすれば、深刻な事態に直面している多くの方々が相良先生に相談してみたいと思うのではないでしょうか。 私もその一人です。事情は重々承知で大変恐縮なのですが、これからも相談させて頂いてもよろしいでしょうか。前述の歯科医の留学生の方も今月で帰国されるようであり、私にとっては相良先生は唯一相談できる歯科医であります。 そして、このメールで一点だけ質問させてください。現在、義歯を仕事中は使用しており、帰宅後はなるべく外しているようにしています。義歯は上あごにぴったりとつくので、外部から圧力がかかるのは良くないのではないかという、自分自身の判断からです。使用した感じは、発音には苦労しますが、食事のときにご飯にくっついて取れ易くなるのを防ぐためポリグリップを併用すれば、特に痛みも無くそれほど不満も有りません。患部のためには、義歯をなるべく装着していたほうがいいのでしょうか、それとも装着しないほうがいいのでしょうか。 誠に勝手なお願いですが、よろしくお願いいたします。

回答
。。。これからも相談よろしいでしょうか。。。 もちろん、いつでも、何回でも構いません。 必ず、納得いくまで相談してください。 。。。患部のためには義歯を装着していたほうがいいのでしょうか。。。 患部のためには、良くありません。 顎の骨が吸収される原因の一つが、異常な刺激です。 顎にとって、入れ歯を乗せられる事は、 生まれ持った本来の、自然な役目ではありません。 入れ歯を乗せると骨が吸収される場合が多いものです。 更に、義歯による炎症が起これば、もっと吸収されます。 合わない義歯などは、とてもいけません。 それでは、義歯をつけてはいけないのでしょうか? いいえ、入れて良いのです。 前歯では、見かけや発音の為に、 奥歯では、噛むために、 全ての部位では、隣の歯などの歯並びを狂わさないために、 そしてもし、それを御本人が選べば、 義歯を入れなければなりません。 どんな治療にも一長一短があります。 天然の歯と全く同じように、殆ど欠点が無く、困らない、 最高の状態などには戻せないのです。 何を大事にするか、その人それぞれの選択になります。 ただし、病気になると、或いは病気を繰り返すと、 健康な時の有利性は失われていきます。 だんだん選択できる事は減っていきますし、 逆に悩みは深くなります。 自分の気に入らない事を我慢しなければならないことも、 だんだん増えていくものです。 一生楽しく暮らすには、 病気の発見に気をつけているだけでは不充分です。 ふだんから、将来の為に、 健康を無くさない様に、つまり病気にしないように、 健康な時から、予防医療を受けるために通院するという、 一次予防が最大の効果を発揮します。 これは、早期発見・早期治療という、 従来の予防とは全く違います。 これは二次予防・三次予防といい、 当然大切で欠かせませんが、 健康よりも病気に視点があり、 歯を削る事を主目的にしています。 ただ、このためには、 意識を変えたり、手間が大変必要だったりと、多くの困難があり、 それをお互いに乗り越えなくてはなりません。 。。。ポリグリップを併用すればそれほど不満も有りません。。。 そうなんです。 人は慣れてしまうものなんです。 慣れると、入れ歯が無くてはならないという人さえいます。 ですから、一生入れ歯を使うという選択をする事も、 良く相談した上ならば、その人には良い治療といえます。 ただし、入れ歯の補助剤も選び方や使い方、 手入れに注意して清潔にしないと、 炎症を起こします。 担当医の指示に従い、また自分で異常を感じなくても必ず、 定期的に義歯等のチェックを受けてください。 粘膜の過剰な炎症を防ぐために、 不要な時ははずして休ませると良いでしょう。 はずしっぱなしは、隣の歯が動きますから、良くありません。 今は飾りとして使うつもりで、そこでは噛まない方が良いでしょう。

No.0145 レントゲン写真を借りられますか

ご相談内容
相良先生  明けましておめでとうございます。 昨年末3回、上下前歯について相談に伺った○○です。  様々なお話をありがとうございました。 1年前の歯根端切除および感染根菅治療の予後の不確定さを再認識し、今後について慎重に考えております。  さて、ひとつ保留になっていました、○○氏技工の際の費用ですが、決定しましたでしょうか。お忙しいところお手数ですが、ご教示いただければ幸いです。何卒宜しくおねがいいたします。  新年が先生によってよい年でありますよう、お祈り申し上げます。 ○○ ○○ <mail:******> 追伸:年末に貸出し許可をいただいたオルソの写真を、つい借りそびれて帰宅してしまいました。来週、受け付けに立ち寄ってお借りしてもよろしいでしょうか。 女性

回答
21世紀もどうぞよろしくお願い致します。 ○○さんの新技工所の始業開始は3月の予定と聞いています。 新年にまだ入ったばかりなので、残念ながら新しい情報はなにもありません。 新料金について判りましたら、すぐ連絡申し上げます。 レントゲン写真は受診者の皆さんのものでもありますから、 いつでもお貸し致しております。 ご自由に受付へお申し付け下さい。 今年はお悩みが癒される様に祈願致しております。

No.0146 「丸の内健口センター」を見学させていただけないでしょうか。

ご相談内容
相良 俊男院長殿 国際ビル歯科のHPを見ました。 先生のご活躍ぶりがよく分かりました。 10年程前に、貴院に勤務していた折りには、ハイレベルの歯科医療の中で、予防歯科、ペリオ、インプラント等々の勉強ができたことを今でも感謝しております。 さて、この度「歯科医院で使う手話セミナー」を受講するために上京します。折角、平日に東京に行くので、より充実したものにしたいと思いました。 そこで、「丸の内健口センター」を見学させていただけないでしょうか。 先生のご予定はもちろん、クライアント、スタッフの皆様との兼ね合いもあると思いますのでご検討下さい。私の希望は5月31日(木)10-12時で、ご都合の良い時間帯です。 急で勝手なお願いで申し訳ありません。 お返事を伺うため、今週末にこちらから電話いたします。 お忙しいと思いますので、受付の方への伝言で結構です。 DH <****>

回答
久しぶり! 元気ですか? <****>さんも、ずっと、衛生士しているようですね。 5月31日、OKです。 大学から等、見学者は多いので、皆慣れています 相良 俊男先生 見学の件、快諾していただきありがとうございます。 最先端の歯科医療をみられる良い機会です。 歯科衛生士といっても、私の場合は<****>県DH会の依頼(ほとんど開店休業)、保育園でのボランティア(これはおもしろいです。)。 母親業はPTA広報委員で、お金にならないことで多忙の日々です。 地元の手話サークルで勉強を初めて一年になります。 まだまだ読みとり、表現もままならないのですが歯科医療に関する手話セミナーということで参加することにしました。 いつかは、いま行っている保育園の子ども達と同じように聴こえない子どもたち(保護者も含めて)にも予防歯科を伝えられたら、と。 (かなり先になりますが・・・。) 5月31日にお会いできるのを楽しみにしています。 Dr.: 最近は学会へのボランティア等雑用に追われて手抜きなので、「最先端」の期待に応えられるか判りませんが、見学の際は何でも、見て、聞いて、触ってって下さい。 ただし手話では説明できません、悪しからず。 …見学後… 相良 俊男 様 お忙しい中、見学させていただき、ありがとうございました。 理想的な予防歯科を見られて感激してます。 (スウェーデンまで行く必要なし?) いただいた資料でわからないことがあったら、また質問させてください。 受付に素敵な方がいますね。はじめに見学のお願いをした後、お返事のFAXをうまく受信できずにお電話したとき、声で笑顔が想像できました。 見えない相手にも感じのいい印象は大切ですよね。それだけでも癒されますから。<****>に、お茶なんて入れなくていいから、来院される方々のために受付にいてほしい、と思いました。 本当に久しぶりに、先生や<****>さんにまで会えてよかったです。 これからも、ますますのご活躍をお祈りしています。 また、優秀な歯科衛生士の育成もお願いします。 Dr.: 久しぶりに楽しく過ごせましたね。 何でも聞いてください。 スウェーデンには2回、インプラントと歯周病を勉強に行き、あらゆる意味で大変ためになり、人生最大と言っても良い思い出となりましたが、かの地の予防はブラッシング指導を工夫して患者自身の自助努力を育成するケア、と言うよりも、やや医療を施す治療に近いケアの傾向があり、日本人とは口腔内も全く違う、民族の相違のせいなのか、少々違和感を覚えた記憶があります。 現在の国際ビル歯科は、リンデー、アクセルソン、或いは、その伝道者である岡本浩、各先生等のスカンジナヴィアの生物学的背景を基礎とした歯科医学と、それら我が恩師に大変な恩恵を受けていますが、当院で考える予防医療は、気持を一番大事にして、さらに、予防治療を施すと言うより、受診者の健康への意識と努力を引き出し、まず自分の手で効果的に磨ける様に指導する事が、歯肉の改善にも非常に有効であるし、もともと歯周病の治療成果に大きく影響することが、スカンジナヴィアの論文にも主張されているところで、とても大切なステップだと思っています。 なにより、もともと民族的に骨格や歯列が悪く、また歯肉が弱い日本人に対して親身に指導し、受診者が、この課せられた困難な歯磨きを徐々に上達させながら身につけていく過程で、その意識の昂揚や達成感、或いは病気克服や健康獲得の自信と希望を手にした喜びを、受診者と衛生士が笑顔で共有できる事により、生涯に渡る、受診者と医院の強い一体感が生まれ、いろいろな意味で、大きな成果を得る事ができたと思っています。 そして<****>さんの指摘通り、受付係が非常に大きく育ってくれた事も、予想外の事でしたが、今の成果にとても大きく働いています。 <****>さん初め、 一生懸命尽くしている職員の助けなしにはここまで来れませんでしたから、今の職員には朝礼でも、その事は言っていますが、皆にはいつも大変感謝しています。 また機会があったら立ち寄ってください。

No.0147 8020と8028の違いは?

ご相談内容
相良 俊男先生 Hanako(6月6日号)、日経Health7月号見ました! 元同僚の<****>さんにも連絡しておきましたので。 さて、図々しく質問します。 Q.JADD誌別刷の中の資料では「現在歯数/8020」ですが、丸の内健口センターの健診結果・見本では「現在歯数/8028」でした。 8020か8028か?このあたり、先生のお考えがあると思いましたが、よろしかったら教えてください。 雑誌登場直後で問い合わせも増えることでしょうし、レセプト中のお忙しい時に恐縮ですが。

回答
<****>さんは元気ですか? 引越し先が分らず年賀状が帰ってきて以来行方不明です。 8020の根拠はよく判りませんが、そういう運動がすでに存在していて、 一般の認識も高まっていたので、とりあえず20本でスタートしましたが、 人間にとって28本はどれをとってもかけがえのない歯であり、 予防医療で実現可能と考え、現在では、 8028を日本歯科人間ドック学会の目標としました。 又、学会の副会長をされている寺川國秀先生は視野の広い方で、 歯科以外の分野の第一人者を数百人集めたグループのリーダーとして、 地球規模の人類愛活動をしている、 我々ばかりか、世界人類の宝とも言える素晴らしい方ですが、 「歯の無い人には補綴で補えば28本だし、 それを作る技工士さんも仲間じゃないか。」 と仰って頂いて、28本になりました。 医科の人間ドックでも、40年間、常に内容の見直しが行われています。 日本歯科人間ドック学会でも、 とりあえずスタートさせる足がかりを作りましたが、 決して現在の内容に満足してはいません。 一般の方のご意見なども加えて、学会全体で、 いつも前進していく決意を初めに表明しています。 相良 俊男先生 超特急のレスありがとうございます。 8020は現状から考えて達成しやすくした、達成のための、目標のような気がします。

No.0148 見学を終えて

ご相談内容
3月28日の見学の際にはいろいろとありがとうございました。 先生やスタッフの皆様にも大変親切に説明していただいたり、貴重な資料やカルテも拝見させていただき大変参考になりました。 また先生のお話を伺い、センターの中で医科と同じように認めてもらえないことを悲観したり諦めの気持ちが少しあったのですが、まだ努力不足であることを感じました。 また、歯科衛生士の仕事の素晴らしさも再認識できました。 見学させていただいた中で歯科衛生士としてまだまだ勉強不足であることも感じ、それを今後の糧とし仕事に誇りを持ち歯科医療のために私にできることを模索し努力していきたいと思っております。 また先生にお会いできる時には、国際ビル歯科の歯科衛生士******さんのようにキラキラ輝いてる女性になっていられたらと思います。 私の人生において今回の見学はとても大切なものになりました。 ほんとうにありがとうございました。 また今後とも宜しくお願い致します。 ******県******総合健康センター 歯科衛生士  ******

No.0149 年齢制限はありますか?

ご相談内容
年齢制限はありますか?

回答
まだ成長期の若者はしないほうが良いでしょう。 上限は特にありません。80代の方でも成功しています。 むしろ、暦の年令よりも、骨粗鬆症などにかかり若さを早く失っている方のほうが問題です。

No.0150 痛いのでしょうか?

ご相談内容
痛いのでしょうか?

回答
歯を抜いた後よりも痛くありません。 殆どの方は全く痛くなかった、一部の方は痛みが出たが痛み止めを飲まなくてもすんだ、また一部の方は2・3日痛みがでたが痛み止めを飲めばとまる程度に軽かった、とおっしゃっています。 とても痛かったり、何日も長く痛みが続いたりした方は一人もいらっしゃいませんでした。

トップページへ戻る

当院では、一生歯を残すことを最も大切な基本的考えとしており、予防から、治療、アフターケア、カウンセリングまで国際ビル歯科と丸の内健口センターとで、一貫した医療を提供しております。

当サイトでは単にインプラント治療のみをお薦めしているわけではありません。 ご自身の歯を失わないことが先決であり、仮に歯を失った場合でも二度と歯科治療を行わないことが理想です。

歯科治療は単なる機能回復ではありません。 見た目も元の状態に戻すことが理想的な治療です。 審美歯科についてお話しします。