HOME > 料金表

インプラント治療Q&A

No.0121 下の前歯をブリッジにすると目立ちそうです。インプラントはできますか?

ご相談内容
私は下の前歯が乳歯のままです、そろそろ抜けるかもしれません、抜けたらブリッジにすると先生に言われてるのですが、前歯だけにブリッジだと目立ちそうでイヤです、それに健康な歯を削るみたいなので不安です。乳歯のため根っこがほとんど無く差歯にはできないと言われています。こんな感じなのですがインプラントはできますか?目立ちませんか?治療代金はどれくらいかかるのでしょう??教えて下さい、お願いします。 24才 女性

回答
。。。前歯だけにブリッジだと目立ちそうでイヤです。。。 当HPの青島さんが作ったブリッジの写真をご覧下さい。 誰にでもできることではありませんが、他人から見破られない様に作ることは可能です。 。。。健康な歯を削るみたいなので不安です。。。 一生歯を残したい希望があれば、「削らない」が、大原則です。 。。。こんな感じなのですがインプラントはできますか。。。 この場合は難しい点がありますので、良く診察を受けてください。 。。。目立ちませんか?。。。 もし条件がそろえば、全く見破られない様にする事も可能です。 当HPの前歯インプラント症例を御参照下さい。 。。。治療代金はどれくらいかかるのでしょう。。。 医院によって、全く違います。治療の前にお確かめ下さい。 。。。千葉県でインプラントができる歯科はありますか。。。 東京歯科大学付属病院があります。

No.0122 歯周病(歯槽膿漏):ブリッジにするか、インプラントにするか、判断ができません。

ご相談内容
42歳の男性です。宜しくお願いいたします。 左下5〜7番間にブリッジをしてから17年ほど経ちますが、歯槽膿漏のため5番が耐え切れず抜歯することになりました。 現在通院中の歯科医の先生は、比較的丈夫な3番から8番間にかけてブリッジを掛けると仰っています。 しかしその為には無傷の3,4番と8番とをつつくことになると仰るのです。無論インプラントによる治療も可能だということは、そこの歯科助手さんからは伺ってはいるのですが、先生自身から積極的にインプラント治療を勧めるという話は出てきません。そちらの先生は信用はしているのですか・・・ 私にはどちらが良いのが判断がつきかねています。 私の住んでるところは田舎町で、どこまでインプラント治療が一般的に行われているのか疑問ですし、また大学病院等には通院できる距離でもありません。 通院中の歯科医院でも症例経験もそう多くは無いでしょう。 そういったことを加味すると、現時点ではブリッジ療法が無難なのではないかとも思えます。 積極的にインプラント治療をしたいのは山々なのですが、こういったことを踏まえると判断つきかねております。 何かアドバイスをお願いしたいのですが・・・・ 42才 男性

回答
。。。私にはどちらが良いのが判断がつきかねています。。。 最後に決断されるのは、患者さんの権利です。 後悔しない様に検討してください。 歯が無くなると、普通は皆さん後悔されるものです。 もう無くさないような計画が大切です。 歯を無くす大きな原因は、実は「削る」事にあります。 もし迷っているならば、 歯を削らずに済む、入れ歯にしておく事も一つの方法です。 後で方法を変える事もできます。 しかし、一生、歯を残す事は、当院では実現できると思っていますが、 とても難しい事なので、ただ削らない方法を選べば、 それだけで自動的に、一生歯が残るわけではありません。 幾多の困難を乗り越える気持ちも必要になってきます。 もし、そういう時期が来たら、実行してください。 このメールにお返事を頂きました。 相良先生、ご返答ありがとうございました。 > 。。。私にはどちらが良いのが判断がつきかねています。。。 やはり現時点でのベストの選択はインプラントのようですね。 現在通院中の先生を信頼してインプラント治療をする決心がつきました。 お忙しい所ありがとうございました。

No.0123 インプラントは通常どのぐらいの費用がかかりますか?

ご相談内容
インプラントは通常どのぐらいの費用がかかりますか? 29才 女性

回答
費用は各医院によって自由に決められており、全く違います。 通院予定の医院を何軒か選び、 相談と見積りを出していただく様お願いしてみてはどうでしょうか。 FAQに、日本の費用や、アメリカとの比較なども出ています。 御参照下さい

No.0124 口の中にある詰め物は、体によくないのでしょうか。

ご相談内容
※このメールを頂いた方、返信しましたが、メールが戻ってきました。こちらをご参照下さい。 口の中にある詰め物で、アマルガムは良くないと聞きました。一番奥の歯でアマルガムの詰め物があるのですが、パラジウム合金又は金で詰め替えた方が、歯や体にはいいのでしょうか? 27才 女性

回答
。。。アマルガムは良くないと聞きました。。。 アマルガムには長所と短所があり、良いか悪いか判断が分かれています。 以前は世界中で使われましたが、現在では各国により考えが違います。 スウェーデンでは、だいぶ前に、まず子供への使用を禁止しました。 次に大人へも禁止しました。 日本やアメリカでは今も使われています。 当医院でも以前は使っていましたが、 十年以上前に、全部業者に依頼して処分しました。 以来、全く使っていません。 パラジウム合金も日本では保険で使われていますが、 ヨーロッパでは健康上、疑問とされています。 。。。歯や体にはいいのでしょうか?。。。 歯の治療は体の一部です。 歯だけを見て、治療や材料を決める事は簡単ともいえますが、 心身の健康上大変危険なこともあります。 ◎◎◎ 健康をめざす歯科医療の場合 ◎◎◎  口と身体と心は切り離せませんから、将来に後悔を残さない為には、 今困っている口の中の問題の解決方法を、いくつもある中から選ぶ時に、 まず、影響を受ける心身の健康を一番に考え、 次に口の中という順番で治療方法を決めると、 大変ですが最も安全です。 当院では材料にもこだわっています。 ベストの治療の場合には、金属は一番良いものしか使いません。 例えば、白金加金はドイツ・デグサ社製、CM社製、ヘラウス社製です。 大学にいた時から、20数年間、統一しているために、 長く通っていられる方の口は、だんだんと統一して、 安全に、又安心して、終わっていきます。

No.0125 歯が数本抜けてしまいました。子供のころの歯科医のいやな思い出や、今まで放りっぱなしできたので、病院で診ていただくのも恥ずかしいです。

ご相談内容
はじめまして。昔から歯が弱く、虫歯になりやすかったのですが、なぜか自分では気づかないのをいい事に、学生以来、歯科医に行かなくなってしまいました。 3年ほど前、立て続けに歯が根元のほうからもろく折れ始め、いまでは数本欠損している状態です。 最近では激しく痛むようになってしまいました。しかし、子供のころの歯科医のいやな思い出や放りっぱなしで病院で診ていただくのも恥ずかしい、ということで病院にいくのが怖くなっています。助けていただけませんでしょうか? 27才 女性

回答
歯の治療を受けていて、恐怖を植え付けられた方は少なくありません。 歯の治療にはもともと欠点がついてくるとは言え、 余計なトラウマまで増やしては更に悪化する種にもなりかねません。 しかし、それを乗り越えなくては、これから長い人生が更につらくなります。 当院では、心の底から治ったと思って頂きたいと、全員で心がけております。 電話でも構いませんから、お困りの事は、なんでも相談してください。 いつでも相談係が笑顔で応対致します。

No.0126 一医院だけで治療計画を決めてしまってよいものでしょうか。

ご相談内容
下歯が前歯のみ、上歯は前歯3本のみしかありません。 下歯も圧力で、隙歯になっています。(ぐらつき有) 上歯はかなりぐらぐらで、残すのが難しいかも。現在はバネ式の入れ歯をしていますが、バネをかけている歯もぐらつきが認められます。 顎自体も以前に比べると細くなってきている気がします。 ある歯科でデンタルドックを受ける予定で、その後、治療計画をだしてくださるのですが、一医院だけで治療計画を決めてしまってよいものでしょうか。 治療方法はやはり、その先生の技術によってかなり変ってしまうものなのでしょうか。 (ガンなどでしたら、だいたい全国的にみてもこの治療が有効だと決まっているような気がするのですが、歯科の場合は先生の技量によって決まる気がしてきて・・・) 今ある歯を何とか残し、機能と見た目をなんとか保ちたいと考えています。 この文面からでは、お答えいただけにくいと思いますが、 先生だったら、どのような治療が考えられますか。 土日休みの会社勤務と治療を両立させるため、埼玉県南または池袋周辺の先生で、ご紹介いただける先生がいらっしゃいますでしょうか。 もちろん、先生の病院も考えているので、ご相談に伺うことになるかもしれません。 相当な金額が予想されるので、金額的なことも考慮して、考えられる治療方法があるようでしたら、教えていただきたいと思います。(予算は120〜150万でなんとかなるものでしょうか。) 42才 男性

回答
。。。一医院だけで治療計画を決めてしまってよいものでしょうか。。。 後から、取り返しのつかないことで、後悔しないためには、 もし心配の場合は、全く違うところで、相談される事は必要でしょう。 これを、セカンドオピニオン制度といって、アメリカでは広く認められています。 もし二人目の歯科医師の診断や計画に、大きな違いがあり、 決められない場合は、三人目にもお願いするべきでしょう。 そして、自分で納得するか、あるいは良くわからなくても、 信頼できそうな意見が多い方法を選ぶという事もできます。 。。。治療方法はその先生によってかなり変ってしまうものなのでしょうか。。。 基本的な事は変わらないはずですが、実際は、各医院でかなり違う様です。 。。。どのような治療が考えられますか。。。 お話だけでは、お口の状況が良く判りませんので、簡単には回答できません。

No.0127 骨が歯を吸収するという原因不明の病気です。インプラントをしたいが危険性はないでしょうか。

ご相談内容
以前、左奥歯が、骨が歯を吸収するという原因不明の病気で抜いたほうが良いと言われていました。健康な親知らずを移植することも検討しましたが、吸収されすぎて、無理だろうということでインプラントを進められました。どちらにしても抜歯しないといけなかったのですが、ぎりぎりまで延ばしてもらっていました。最近その詰め物も取れてしまい、インプラントを考えています。歯の吸収という病歴で危険性はないのでしょうか。以前行っていた歯科は引 越しをしてしまっていくことができません。その場合どのように説明すれば良いでしょうか。 28才 女性

回答
今までの経過を良く話して相談に乗っていただく事です。 又、よく診察を受けて、できれば原因を突き止め、 将来の見通しの説明を十分納得するまで受けることです。 治療の開始は、相談と、考える時間を十分に取った後で、 こちらから申し込みをしてから始めて欲しいと、希望をお話になるといいでしょう。

No.0128 インプラントは何年くらいもつのでしょうかまた、料金はいくらかかるのですか

ご相談内容
インプラントは何年くらいもつのでしょうかまた、料金はいくらかかるのですか 49才 女性

回答
ブローネマルク・インプラントの1番目の方は、スウェーデンで35年もっています。 同じような成功を目指す事は可能ではないでしょうか。 料金は各医院によって全く異なります。 良くお確かめ下さい。 このメールにお返事を頂きました。 お返事有難うございました。先生と良く相談してからきめることにします

No.0129 事故で抜歯した時に骨まで一緒に取ってしまったためインプラントが出来ません。どうにかして歯の代わりのものを作りたいのですが、どうすればいいですか?

ご相談内容
左上奥4,5番の歯を自転車で転倒して折れ、抜歯した時に骨まで一緒に取ってしまったためインプラントが出来ません。骨をコラーゲン膜で作ろうと試みましたが無理でした。まだこれから先長いのでどうにかして歯の代わりのものを作りたいのですが、どうすればいいですか? 25才 女性

回答
事故のせいでは、やむをえないことですが、 とても難しい状況ではないかと想像します。 現在骨を造ろうという研究は最先端で進められています。 いろいろな方法がありますので、 お近くの歯科大学付属病院で相談されると良いでしょう。 仮に、今すぐ解決できなくても、将来はいろいろな可能性が出てくるはずです。 もし、今決断できない場合は、両側の健全な歯を削って後で後悔するならば、 仮の入れ歯を使って歯並びの狂いを防ぎながら、時期を待つという方法もあります。

ご相談内容
2 ご返事有難うございました。 もう一度質問なのですが、詳しく説明すると 2本の歯をなくして、両方を削ってブリッジにしていたのですが、歯ぎしりや噛み締める力も強いせいか、6番の歯が破折して抜歯しました。そこには骨は少しはあるのですが、じょうがくどうが下がってきているので難しいみたいです。3番の歯も危なかったのですが、MTMで引っ張って何とか残せました。 他の部分は大丈夫なのですが、左上はボロボロです。 事故の時に前歯とかも欠けました。 それまでは、歯に全く関心が無かったのですが、今はすごく後悔しています。 ちゃんとした病院に行っていたらこんな事にはならなかったかもしれません。 それと、2年前ホジキン病にかかり、抗がん剤と放射線治療をしたのでそれ以来歯が弱くなりました。治療中は口内炎がひどくて歯磨きが出来なかったし、1年半位は唾液が出ませんでした。 こんな私でもがんばればこれ以上悪くならない様にする事は出来ますか? 骨が無い場所に骨移植をする事は可能ですか? もし教えて頂ければ嬉しいです。 せめてあと10年位は保ちたいのでよろしくお願いします。

回答
2 。。。がんばればこれ以上悪くならない様にする事は出来ますか。。。 できます。 まず、必要な事は、予防医療を受ける事です。 歯科医院は悪くなってから通うだけではなく、 健康な時から、病気にしないために、通う事もできるんです。 これは皆さんの権利であり、自分自身の責任による選択でもあります。 普通の人でも、一人で歯を磨いているだけでは、 虫歯と歯周病を防ぐ事ができないために、だんだんと歯を失いますから、 予防の専門家と定期的に病気を効果的に防ぐ事がなによりも基本です。 次に、身体のこの病気や治療の後は、とりわけ虫歯や歯周病にかかり易くなります。 基本的な予防医療の中で、普段から次の検査を受けて、 自分の状態を把握しておくと良いでしょう。 唾液の分泌量や性質、 唾液の緩衝能(病気への抵抗力の程度)、 虫歯菌(ストレプトコッカス・ミュウタンス、ラクトバチラス)の数 潜血反応 歯周病検査 唾液の分泌量が少ない場合は、唾液を補う工夫が必要です。 又、治療で内服する薬の種類によっては、分泌抑制が起きますので、 もし必要ならば、そういう副作用の少ない薬に変更する事ができれば、 予防効果が出ます。 こういった事は、予防の担当医と現在の身体を御担当の先生と、 相談しながら進める必要があります。 。。。骨が無い場所に骨移植をする事は可能ですか?。。。 可能です。 全身の状態や口の中の状態にもよります。 骨移植以外でも、最先端の研究では、 ある薬を入れると、初めから骨など無い筋肉の中にさえ、 骨を作る事ができましたし、 欲しい場所に歯の芽を植えて生やしたり、 ただの普通の細胞に刺激を与えて新しい歯に変えて生やしてしまう、 研究も進められています。 骨を作る薬は、近々、実用化されると思いますが、 初めは軽い症例から使われるでしょう。 歯を生やす事は、動物の段階では、段々成果が出ていますので、 将来は、人間にも応用できる日が来ると思います。 。。。それまでは、歯に全く関心が無かったのですが、今はすごく後悔しています。。。 決して今からでも遅くありません。 まだ残ってる歯の方が多いはずです。 今までの経験をその歯に生かせるはずです。 これからは残った歯を大切にして、後悔を繰り返さない様にすれば、 これで良かったと思えるようになるのではないでしょうか。 これからは、病気ばかりを考えるのではなく、 健康な部分がまだ、たくさん残っているはずですから、 それを探す様にされては如何でしょうか。 残った健康な歯を大切にすれば、身体も気持ちも、必ず口に助けられます。 病気を追いかけてばかりいては誰でも暗くなりますが、 健康を見つめていけば気持ちも変わるのではないでしょうか。 過去は変えられませんが、 これからは大きく変える事もできるのではないでしょうか。 ○○○ これ以上悪くならない様にする事 ○○○ 予防というのは、健康度100%の人に対してだけではありません。 実は、殆どの、大多数の人がもう既に健康を失い始めています。 既に、健康を失い始めている人にも、必ず、残っている健康部分があります。 その方が更に貴重であるし、又本人にも健康の大切さが良くわかるものです。 しかし、健康度100%の人でも、一生守り抜く事は、難しい事ですが、 一度健康を失い始めると、歯止めがかからなくなり、更に難しさが増していきます。 そのような人ほど、一人で歯磨きしているだけでは危険です。 もう悪いからと、諦めている人が大多数ですが、そんな事はありません。 そのために、専門家がいるわけですから、何でもご相談下さい。

No.0130 歯周病(歯槽膿漏):ブリッジしている奥の歯が歯槽膿漏です。部分入れ歯かインプラントをすすめられました。ブリッジで被せてある1番手前の歯もインプラントにする必要があるのでしょうか?

ご相談内容
現在、右下奥歯3本をブリッジで被せてあります。 一番奥の歯が歯槽膿漏になっているため、部分入れ歯かインプラントにした方が良いと言われました。 私の場合、3本ともインプラントにした方がいいと言われましたが、ブリッジで被せてある1番手前の歯もインプラントにする必要があるのでしょうか? また、手術はどのようにして行われるのでしょうか? 35才 女性

回答
。。。被せてある1番手前の歯もインプラントにする必要があるのでしょうか。。。 もし残せるものならば、自分の歯の方が良いと思いますが、 「一番奥の歯が歯槽膿漏になっているため」と同じ状態なのでしょうか。 抜いてからでは手遅れですから、初めに良くご相談下さい。 。。。手術はどのようにして行われるのでしょうか。。。 普通、清潔に、慎重に、又、 余分な外科的な影響をできるだけ防ぎながら、かつ、 高い成功率を狙って、ほとんど痛くなく行われます。

トップページへ戻る

当院では、一生歯を残すことを最も大切な基本的考えとしており、予防から、治療、アフターケア、カウンセリングまで国際ビル歯科と丸の内健口センターとで、一貫した医療を提供しております。

当サイトでは単にインプラント治療のみをお薦めしているわけではありません。 ご自身の歯を失わないことが先決であり、仮に歯を失った場合でも二度と歯科治療を行わないことが理想です。

歯科治療は単なる機能回復ではありません。 見た目も元の状態に戻すことが理想的な治療です。 審美歯科についてお話しします。