HOME > 料金表

インプラント治療Q&A

No.0031
一度入れたインプラントを抜いたあと、同じ個所にまたインプラントはできますか。

ご相談内容
8年ほど前インプラントを入れたのですが、
最近グラグラしてきて感染していると言われ抜きました。
同じ個所にまたインプラントはできるのでしょうか。
教えていただきたくお願いいたします。

女性 45才

回答
同じ個所に、またインプラントをすることも可能です。
まず、そこに、まだ骨が残っていること、次に、もう感染が残っていないこと、が最低条件です。

ただし、インプラントはもともと難しい治療です。
感染した後は、さらに難しくなることが多いものです。
また数年後に同じことを繰りかえしても良いかどうか、ここは選択してから、始めることを勧めます。

もう終わりにしたければ、原因を突き止め、
そしてまだ可能ならば、将来の見通しを立ててから、始めなければなりません。

No.0032
歯周病(歯槽膿漏):上の奥歯が4本抜けました。
費用はどれくらいかかりますか。また、どのくらい通院するのですか。

ご相談内容
上の奥歯が4本程抜けました。虫歯になって削れたところもたくさんあります。
実際、費用はどれくらいかかるのですか?
状況や場所によっても違うと思いますが。
あとどのくらい通院をするのですか?
詳しく教えてください。お願いします。

女性 22才

回答
お話からでは、状況がほとんどわかりませんので、
いくつかの仮定をたて、例外は省いて、ふつうの場合を説明します。

1.まず、
奥歯が自然に抜けてきた。
たくさんの削れたところは、今あまり困っていない。
と仮定して、

<費用、回数>

年齢から考えると、歯周病で歯の根から自然に抜けることは少ないので、
抜けた歯の根は残っている場合と仮定して、サシバのように治療すると、
お使いの保険は種類により、違いますが、数千円かける本数分。
回数は、神経がそのままつかえると仮定して、二回から四回です。

自由診療費の場合は、医院により大きく変わりますが、2〜3万円から、十数万円〜数十万円、かける本数分です。
2.次に、歯の根から丸ごと抜けてしまった。と仮定して、そして、根が全てきれいに取れていて、
後で痛くなる心配や治療が全く必要無く、しかも、抜けた後がもうすっかり、
治っていて、待たずに治療をすぐ始められるとして、

インプラントをする場合、
抜けた歯が四本同じ側で続いていると仮定して、また、あごのの状況が手遅れでなく、
特別な治療が必要無く、また、全く手遅れで、治療がもうできないということが無いとして、
また、四本全てを取り戻したいと希望しているとして、

<費用>

医院により大きく変わりますが、この四本全体で、百万円弱から二百万円以上ではないでしょうか。

<回数>

医院により大きく変わりますが、4回から10回以上です。

<期間>

医院により大きく変わりますが、2〜3ヶ月から8ヶ月以上、あるいは1〜2年くらいです。

以上、参考になりましたか?
今のお口の中は、多分とても難しい状況ではないかと、思われます。
決して簡単には結論が出ないのではないでしょうか。
難しい場合は、通院が頻繁になりますから、
通いやすいお近くで、早めに診察を受け、相談の上、計画を立てることを勧めます。

このメールにお返事をいただきました。

相良先生、お答えありがとうございます。
インプラント治療、かなり迷ってました。でも、勇気をだして歯医者さんへ行こうと思います。
隣町に評判のいい歯医者さんがあるので、月曜日にそこへ行こうと思います。
「痛みがない」というので、ちょっと安心しました。
歯が治り、噛み合わせが良くなれば、顎も治るらしいのでやるしかないです!!
がんばってみます。

No.0033
歯周病(歯槽膿漏):骨再生治療について詳しく教えて下さい。

ご相談内容
右の上の歯を、虫歯で抜歯したところをブリッジにしていましたが歯周病が原因で結局両脇の2本も抜けてしまいました。
インプラントを希望しましたが、骨が残っていないため無理との事。
しかし、骨を再生させてインプラントを埋める治療があると本で見ました。
骨再生治療について詳しく教えて下さい。いまは、義歯を利用しています。
骨再生治療とは、簡単な方法から大変な方法までいくつかあります。

女性 31才

回答
外から見た形は十分でも中が不充分の場合は、中に骨ができるように手術をします。
骨が少し足りない場合は、骨が増えたり、自然に補ってくれるような手術をします。
だいぶ足りない場合は、口の中で余っている骨を取ってきて、そこに移植をする手術をします。
ずいぶん足りない場合は、大き目の骨を下あごの先端から取ってきて移植します。
非常に足りない場合は、入院して自分の腰の骨を、塊などで取ってきて移植手術をします。

No.0034
歯周病(歯槽膿漏):インプラント療法にはいろんな種類があるのですか?

ご相談内容
歯槽膿漏で抜歯し左側で物を噛む事が出来ません。
入れ歯を作らされましたが、使用していません。
先日インプラント治療を知りました、ぜひ治療をしたいと思っています。
インプラント療法にはいろんな種類があるのですか?
近くに治療できる歯科医がありますか?

男性 44才

回答
インプラントには実にたくさんの種類があります。
それぞれ一長一短です。
まず、よく知識を増やして、自分にあった方法を選んでから始めることです。

歯の治療は悪化しても、抜いた後に人工の歯を入れればいいのですが、
インプラント後に問題が起きると、あごの骨が悪化してしまい、入れ歯も入れることさえできなくなることもあります。

愛知学院大学の歯学部では、積極的にインプラント治療をしているはずです。
そちらで相談をお願いしてはどうでしょうか?

No.0035
上の前歯4本を抜きました。最高の治療をうけたいのですが、判断材料がありません。

ご相談内容
昨年の12月に、上の前歯4本を抜きました。
以前は差し歯だったのですが、歯根がだめになってしまったので抜くしかないとのことでした。
現在は仮の入れ歯をいれているのですが、近くの歯科医院によると ブリッジだと……2本さらに抜き、
その他にも削ったりしなければならない。といわれたのですが、これ以上歯を抜く事には抵抗があります。
インプラント治療は、難しく失敗も多いと聞きます。
高い治療費をかけるわけですから最高の治療をうけたいと思っていますが、その判断材料がないのです。
こういう歯の状態の場合はどのようにするのがベストだと思いますか。
具体的にインプラントだと費用はどのぐらいかかりますか。
お忙しいところ申し訳ございませんがお教え下さい。

回答
最高の治療とは何をさしているのか良くわかりませんので、
仮に、失敗の危険が少なく、きれいで長持ちする方法としますと、ブローネマルクインプラントではないでしょうか。
その治療費も最高ではないにしても、高くなります。
費用の考え方については、すでにFAQに書いてありますので参考にしてください。

お話だけでは、具体的には何もわかりませんので、
お近くで診察を受け、見積もりを出していただき、よく相談にのっていただくと良いでしょう。

No.0036
大学病院で、奥歯一本だけのインプラントは薦めないといわれました。
情報では、一本でもできると説明されているのですが?

ご相談内容
本日ある大学病院のインプラント科に行ったところ、
一番奥の歯一本のみのインプラントは薦めないと言われました。
奥歯は噛む力が強いので一本だけだと壊れる可能性が有るとのこと。

情報では一本でも出来るように説明されているので、どうなのでしょうか?
症例がありましたらお知らせください。

女性

回答
メールでは、年齢が書いてありませんし、
他の状況が全くわかりませんので、一般的な事だけを返信いたします。
年齢、状況によっては、人により、まったく違ってきます。

普通は、どこの場所でも、一本でも、インプラントができます。
ただし、条件はどこも同じではありません。

一番奥歯は、とても難しい場所のひとつです。
噛む力が強い上に、横方向に揺する力も最も強く、これだけでも危険が多い上に加えて、
歯磨きが最もし難い場所のために、後で歯周病も併発しやすく、それが加わるとさらに危険です。
他にも考慮しなければならない事はたくさんあります。
しかし、条件がそろい、ベストを尽くせばできない事はありません。
もちろん、他の場所よりも非常に大変です。

ご相談内容2
このメールにお返事をいただきました。

早速のお返事ありがとうございました。
実は年齢も62歳なので歯周病や骨の状態も心配はしていました。
まだ検査はしておりませんが、年齢的に大いに考えられるのでやめた方が良いのかも知れませんね。
片方のブリッジに抵抗感がありインプラントに希望を持ったのですが残念です。

回答2
年齢とは二種類あります。暦どおりの年齢と、実際のその人の心身の年齢です。
後者は個人差がとても大きく、一概に諦める事はないかもしれません。
たとえば、ブローネマルクインプラントが最も信頼できるデータをそろえていますが、
成功した中の最高齢者は、87歳でした。
日本人は長生きできるようになりました。でも大切な事は、何年生きるかというよりも、
一年一年を健康で楽しく、生き生きと暮らせる事です。そのためには、体も健康でなければなりませんが、
一生の間、口がからだ全体の健康を守る役目を果たしている事は、
ほとんど全く知られていません。ただ、食べるためだけに、口があるのではありません。

良く噛める、歯を残す事はとても大切です。ちなみに、歯の数が減るに従って、痴呆の発生が比例するように増えていきます。
良く噛む事が大切な事はご存知と思います。

その主な、重要な理由は以下のようです。

良く噛めないと、あるいは、よく噛まないと、
ただ単に、栄養食品をそろえて流し込んでも、からだが栄養を取り入れられません。
それだけではなく、高脂血しょうや、高血圧や糖尿病になりやすいとか、
癌の発生率が非常に高くなるともいわれています。

また、歯周病があるのに気がつかないでいると、
心筋梗塞、脳卒中など循環器系の病気にもとてもかかりやすくなり、
若い女性では、異常出産の危険も増えます。

したがって、インプラントが成功すれば、予防医療とあいまって、
自分の歯も守られてもう抜けないようになったり、
口の本来の働きが取り戻せて全身の大きな病気を防ぐ事ができるようになるはずです。

歯科医療の本当の目的は、病気をもう終わりする事、そして、歯を残す事です。

それによって、最終目標は、健康な口を守って、健康長寿を手に入れる事です。

諦める事は簡単ですが、骨が全くなくなってしまわないうちに、
お近くの歯科医院で、検査だけでも、お受けになってはどうでしょうか。

No.0037
英語での診療はできますか。

ご相談内容
突然のメールで失礼致します。
私は現在、在日外国人の為の生活ガイド的なホームページを個人経営にて開設する準備を進めているものです。
医療検索ページにて、貴方様の医院のホームページを拝見させていただきました。

先述の私共のホームページ開設の際に、英語OKの病院の項目を設ける予定でありますが、
もし貴方様の医院が、日本語のわからない外国人からの質問や外来に英語で対応することが出来るのであればその中で紹介し、
ホームページへのリンクを設けたいと希望しているのですが、いかがでしょうか?
その際に医院様およびHP閲覧者と、私共との間で金銭的な契約を結び、収益を発生させる意思はございません。

異国の地日本で生活する諸外国人にとって、英語を話せる医院の存在は大きな寄り処になります。
御承諾いただけるのであれば、恐れ入りますがその旨を返信いただけたらと存じます。
また、そのような条件をかなえていただける医院を御紹介いただければ光栄です。
御医院の益々のご発展をお祈り致しております。

回答
メールありがとうございます。
ご趣旨に賛成です。
しかし、申しわけありませんが、今は受け入れられません。

当院では、カウンセリングを重視しております。
治療に際しても、コンサルティングを重ねた上で、いつも必ず、選んでもらっております。

その点、合理的な外国の方とも、馬が合います。
今までは、外国の方の治療も多少はしてまいりました。
ここは国際ビルと言う名前のとおり、世界各国の方が治療に見えました。
しかし、問題点として、英語が堪能で、かつ、受付や歯科衛生士として優秀な者が、見つからない事、
そのため、今、とても対応する時間が取れない事、日本の保険制度を利用する外国人が増えてきて、
大変な赤字になってしまう事、などで、他院を紹介するなどして、今は中止しております。

紹介先については、先方のこともあり、今はできませんが、情報はあります。
東京都では、医院のデータベースを公表しており、その中で、外国語が使える医院を検索できます。
コンタクトしてみてください。いずれ、当院でも再開したいと考えています。

No.0038
前歯の義歯が大きく感じる。
義歯を支えている歯の負担が大きいと思われるので対処法を考えたい。

ご相談内容
今の歯の状況

つい最近、前歯(上)を7本・前歯1本(下)を抜歯。(保険の義歯で対応)
左上奥歯の1本がぐらぐらしていて医者からは抜歯をすると言われている
上の歯は骨がない状態なためインプラントは不可能だと言われている(レントゲンの写真をもみて確認)
左下奥歯が以前に抜歯(2本)をしており物を噛めない状況
食事をする時は右下奥歯のみで噛む

※質問事項

前歯の義歯が大きく感じていて以前と比較すると出っ歯になった(
営業をしているためもう少し不自然でない物は一般的にはないのか?)
義歯を支えている歯の負担が大きい事が考えられ今後のベストな対処方法を考えたい。
上記の点が状況と質問事項です。

男性 31才

回答
ご心配な点は、

前歯が大きくて、出っ歯になった事
義歯を支えている歯の負担が大きい事
は、わかりましたが、「ベストな対処」は人によって全く違いますので、
お話だけでは真意が良くわかりませんので、まず、??について回答します。

入れ歯を作るとき、完成前に、試しに仮合わせをすればこのような事は防げます。
前歯はたくさん失ってしまうと、とても難しいものです。
できるだけ自然に近づける事はできますが、手間や時間をかけなければならず大変ですし、
元通りにはもうなりません。インプラントはさらに大変です。

義歯の設計に考慮すれば、歯の負担を減らせます。
しかし、負担をゼロにする事はできません。
「ベストな対処」は、「義歯を支えている歯」をもう失いたくないという意味であれば、
入れ歯の負担は大き過ぎないほうがいい訳ですが、それだけではすみません。
これから先、歯がなくなる原因を、全部押さえておかなければなりません。

今まで、歯を抜いた原因は何だったのでしょうか?
普通の人は、くりかえし、虫歯ができたか、歯周病か、あるいはその両方ですから、
大事な歯に同じ事を繰りかえしたくなければ、その二つの病気の予防医療を、定期的に受け続けなければなりません。

また、長く歯を無事に使い続けるには、口の中全体が助け合っていなくてはなりません。
理想的には、親知らずを除いた、奥歯も前歯も、全部の歯が助け合いには必要です。
とりわけ、上下左右の奥の大きな二本の歯は重要です。
したがって、今ある大きな奥歯をもう失わない事は、とても重要ですから、
「義歯を支えている歯」だけではなく、助け合いに必要な歯は全部、予防しなければ効果は小さくなります。
それだけ、また大変です。

もしインプラントにできる場合は、元の助け合っている状態に最も近くなる可能性が大きいために、
「ベストな対処」の一つ、になり得ると思えます。
ですからその為には、ただ、インプラントをしたというだけでは不充分で、
将来の計画の中の一部に、インプラントが入っているというようにしなければなりません。

No.0039
人工歯根を埋め込んだあとから鈍痛があります。

ご相談内容
初めてEメールさせていただきます。
インプラントの人工歯根を入れた時点での問題について相談させていただきます。
7年前に右の下の奥歯を2本抜歯しました。
レントゲンでチェック後に、本年1月末に2本人工歯根を埋め込みました。
術後からずっと一番奥のやや太い方に痛みが続いています。
手前の方は問題有りません。痛みは鈍痛で耳の下、首、肩のリンパ節にいたっております。
このまま、インプラントの手順を進めても良いものでしょうか?
大学の付属病院で相談したところ、インプラント施術に否定的な考えの先生らしく、抜くように言われました。
失敗なら早めに処置したいと思いますが、どのように判断すれば宜しいでしょうか?
出来ればインプラントを成功させたいと思います。
お忙しいところ恐縮ですが、是非宜しくご教示下さい。

男性 50才

回答
術後の痛みが続いてお困りの事と思います。
お考えの、「出来れば、インプラントを成功させたい」方向で、回答いたします。

まず、痛みの原因はいろいろ考えられますが、それを突き止めなければなりません。
もし、原因がわかり、対策が実行できれば、そして、痛みが止まり、
その上、今のインプラントが使えれば、ベストです。

次に、インプラントを撤去すれば痛みを止められるとわかった場合は、
早めに撤去して、次のチャンスを残すようにする事も必要かもしれません。

インプラントは元々、難しい治療なので、
周到な計画を立てて、初めから危険を避けるようにしなければなりません。
これからも考えは、全く同じです。
撤去や、その後に可能ならば、再インプラントをする場合も、今まで以上の危険が待っています。

もうこれ以上、心配を繰り返さない事も、当然ながら成功の条件です。

根本的な歯科医療とは、元々、もう病気やトラブルを終わりする事を目標にしています。
ちなみに当院では、健口(けんこう)を目標に、根本的な医療を心がけています。

お話だけでは、状況が全くわからず、今は、これ位しか説明できません。
今ご担当の先生と良く相談の上、方針を決められる事を勧めます。
岡山大学にはインプラントに理解の深い先生がいらっしゃると思います。
そちらにも相談されると良いと思います。

このメールにお返事をいただきました。

ご多忙早速、ご返事いただき誠に有難うございます。
ご教示の方向で検討したいと思います。
再度、ご相談申し上げることもあるかと思います、その節も宜しくお願い致します。
取り急ぎ御礼申し上げます。

No.0040 膿を持った歯を抜いてインプラントを入れる場合、 どのくらいのサイクルで通院が必要ですか。

ご相談内容
こんにちは。
体調も戻りつつありますのでそろそろお伺いしようかと思っています。
ところで膿を持ってしまっている歯の件ですが、
もし抜いてインプラントなどの義歯は入れる場合
どのくらいのサイクルで通院が必要になりますでしょうか。

女性

回答
「もし抜いてインプラントなどの義歯を入れる場合」は、状況により違いますが、普通は、
まず仮歯の準備をしてから抜歯をして、仮歯の調整をして使える事を確認します。
ここでは、大体一週間から二週間に一回くらいで、約3〜4回、
インプラントを植えて、抜糸と経過観察や仮義歯の改造に、
大体一週間から二週間に一回くらいで、約3〜4回、

インプラントが骨についてから、上につける歯を作り始めますが、
初めの2〜3回は、大体一週間から二週間に一回くらいで、
ここから約3〜4回は、どんなサイクルでも可能です。

このメールにお返事をいただきました。

メールありがとうございます。
来週早々ご予約のお電話させていただきます。
よろしくお願いします。

トップページへ戻る

当院では、一生歯を残すことを最も大切な基本的考えとしており、予防から、治療、アフターケア、カウンセリングまで国際ビル歯科と丸の内健口センターとで、一貫した医療を提供しております。

当サイトでは単にインプラント治療のみをお薦めしているわけではありません。 ご自身の歯を失わないことが先決であり、仮に歯を失った場合でも二度と歯科治療を行わないことが理想です。

歯科治療は単なる機能回復ではありません。 見た目も元の状態に戻すことが理想的な治療です。 審美歯科についてお話しします。