HOME > インプラント治療についての当院の考え方 >インプラント治療の最先端「光機能化」の発明

インプラント医療の課題や限界に取り組む

図のように、インプラントの性能は、1990年半ばに大きな進歩を遂げました。インプラント治療が成功するためには、あごの骨の中に埋め込まれたインプラントが骨と強く接着することが必要なのですが、その能力がそれ以前のもと比べて、約3倍に上がったのです。

それ以前は、平坦であったインプラント表面が、ミクロレベルの粗い面になったからで、これらはミクロ粗面インプラントといいます。この粗面インプラントはインプラント医療を向上させ、今日のインプラント医療の普及に貢献しました。

しかし、この粗面インプラント以降、めざましい進歩はなく、
インプラント医療は壁にあたりました。

そのため、成功率は頭打ちし、あごの骨の質や量の問題でインプラントができないことも多く、また、最終的に歯が入るまでどうしても長い時間、待たなければならないなどの課題が克服できずにいました。

このような医療背景の中で発見されたのが光機能化で、これまでの粗面インプラントの性能をさらに3倍にまで向上させることが可能になりました。 図をみても、大きなブレイクスルーが訪れたことが理解できます。

トップページへ戻る