HOME > インプラント治療についての当院の考え方 > インプラント治療費

治療費について

人工歯根(インプラント)とかぶせ物がセットにして1ユニットとなります。
1ユニットについて ¥420,000
■かぶせ物は基本的にすべてセラミック製です。
 噛み合わせの条件が厳しい場合は一部又は全部が金属製になることもあります。

また稀にハイブリッドセラミックス製にした方が良いこともあります。
その場合はあらかじめ相談したり、計画書を作った段階で説明します。

■インプラント治療費用総額の計算方法

必要な本数が決まれば、単純に合計すれば費用の総額がすぐにわかります。

■初めの簡単な検査料などは別途になり、健康保険を適応することもできます。

もし仮に、CTスキャンなど特別な検査が必要な場合は健康保険を適応できませんので、別途に必要になります。
CTスキャンの撮影・診断料は、最新鋭の機器を使用して、レントゲンの専門医が撮影と診断をします。
お支払いは大学病院等へ直接になります。
当院へのお支払いは紹介料のみとなり、健康保険を適応することもできます。その場合は870円です。

■使用するインプラントの種類は、ブローネマルク・タイプ、ITI・タイプ、
 ハイドロキシアパタイト・タイプの3系統からお一人ずつに最も適した材料を選択して、ベストな結果を目指します。

ハイドロキシアパタイト・タイプはとても骨の弱い部分に、絶大な効果をあげます。
しかし、歯周病への抵抗力が弱いので、正しい歯周病の管理プログラムを継続する必要があります。

■インプラントに支えられる歯の形式は、差し歯のタイプ、
 ブリッジタイプ、取り外しのできる入歯タイプなどがあります。

それぞれのタイプによって、必要なインプラントの数が変わります。
後者のタイプほどインプラントの数は少なく減らすことができます。

全ての方に、治療計画書と費用の見積書をおつくりしています。
お気軽にご相談ください。→無料相談

追加オプション
  金額
インプラントと同時に行なう骨造成術
…骨誘導再生術、自家骨移植術、上顎洞挙上術、骨整形術等

※ただし、同時に行う、ソケットリフト、歯肉移植・歯間乳頭形成術・美容的歯肉整形術など各種歯肉整形術は無料
¥52,500
材料費別途
インプラントとは別に行なう骨造成術、各種歯肉整形術等 別途見積もり
失った歯にインプラントと同時に、一度で仮のさし歯をつける治療 ※2, ※3 一歯または一ケ所につき
¥84,000

また、とくに困難な症例につきましては、困難加算料金が必要になります。
困難加算 一歯または一ケ所につき ¥63,000

便利なオプション

回数や期間やうとましいことを減らせます。

※1 E&I(イー・アンド・アイ・アンド・ティー)
抜歯とインプラント埋入を同時に、一日でまとめてする治療

※2 I&T(アイ・アンド・ティー)
インプラントと同時に仮のさし歯をインプラントに、一日で固定する治療

※3 E&I&T(イー・アンド・アイ・アンド・ティー)
抜歯とインプラント埋入とインプラントに仮のさし歯セットを同時に、一日でまとめてする治療

また、通常必要な、抜歯後に数ヶ月かかる治癒期間を待たずにすみます。
さらに、抜歯後はいたずらに待っていると、大切なアゴの骨が急激に消えてしまいますが、
抜歯と同時にインプラントを埋入することによって、アゴの形と大きさをだいぶ守ることができます。

とくに前歯の場合は、アゴの骨が消えていくときれいな歯茎の歯並びができなくなりますので、
同時に治療するととてもきれいに仕上がることが少なくありません。

E&I&Tは、治療回数と麻酔の注射の回数が、3回から1回に減らせます。

I&Tと、E&I&Tは、一日できれいな白い歯が入りますので、
入れ歯の方は一日目に、もう入れ歯から解放されます。
隣の歯にまったく負担がかかりません。逆に隣を助けることもできます。
その日から、歯が生えているように、とても自然です。

便利なオプション
  • 1.固定式の仮の差し歯 以外に
  • 2.取り外し式の入歯の形式
  • 3.隣の歯に接着する方式、
  • 4.以前からあるブリッジを利用する方式

などがあります。

水平的な仮骨延長法

骨の幅が薄く、少ないために、インプラントを諦めていた方にも朗報です。
水平的な仮骨延長法により、たった2ヶ月間でとても硬く、丈夫な骨の幅ができます。

従来の、スプリット・クレスト、GBR、移植とは比較にならないほど、
質の良い骨が十分な大きさにでき、また安定します。
移植のために他の部分を手術する必要もありません。

別途見積もりとなります。

トップページへ戻る