HOME > インプラント治療についての当院の考え方 > インプラント長持ちの目標年数

長持ちの目標年数

一生必ず持つとはいえません。

しかし、今までの実績から想定することはできます。

現代では、スウェーデンのブローネマルク・システムが世界中の全てのインプラント治療のお手本になっています。
それでは、ブローネマルク・システムの結果はどうだったのでしょうか?

1965年にスウェーデンでブローネマルク・システムによって第1号の患者さんが治療されてから現在まで、
埋めこまれたインプラントが異常なく機能していて、更に記録を伸ばしています。


第一号患者のヨスタ・ラーソン氏(左)と「オッセオインテグレーション」を発見した、P.I.ブローネンマルク教授(右)。
P.I.ブローネンマルク教授がブローネマルクシステムの開発者で、全てのインプラント治療の規範をつくりました。

そして、その後世界中の名だたる大学や大病院でブローネマルク・システムが研究にまた治療にと導入されました。
世界中での追跡研究で、全てのインプラントシステムの中で、長期的に最も信頼性が高いことが証明されました。

今日では世界で最も多く使われ、百万人以上の方々に
ブローネマルク・インプラントが非常に高い成功率で行われていて、第一号の方の後に続いています。

初め、ブローネマルク・システムはノーベル・ファルマ社のみで製造されていました。
その後長い間に、ノーベル・ファルマ社はノーベル・バイオケア社と名前を変え、
世界中のメーカーも取り組み、システムは改良され、そして、治療を受ける患者さんの適応症も広げられてきました。

ですから、これから治療を受けられる方が第一号の方と全く同じお口の状況とは限りません。 ブローネマルク・システムで治療をうけても全く同じ治療法とは限りません。

とはいえ、ブローネマルク・システム以外に世界が認め、長期的に最も信頼性のある結果を出したシステムはありません。
長期的な見通しを立てる場合に、もっとも信頼でき、確率も高いシステムといえます。

したがって、ブローネマルク・システムの基本を忠実に守り、
20年・30年あるいはそれ以上に使い続けられるインプラントの治療をしたいと願っています。

トップページへ戻る