HOME > インプラント治療についての当院の考え方 > インプラント治療の流れと回数

インプラント治療の流れと回数

■インプラント:フイクスチャー埋入

局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを埋入します。このインプラントが新しい歯の土台となります。

■治癒機間:オッセオインテグレーション(骨結合)

インプラントを埋入したあと、歯肉で覆い、オッセオインテグクレーション(インプラントと骨の結合)が得られるのを待ちます。
通常の治癒期間は3〜6ケ月 この間は仮の義歯を使用することができます。

■アバットメント連結(歯冠の土台)

インプラントが完全に顎の肯と結合したら、アパットメントを連結します。
この状態で歯肉か治癒するまで、個人差はありますが、1〜6週間ほど待ちます。

■義歯(人れ歯や補綴物(人工の歯)を作る

歯肉の治療後、補綴物を作るための型取りをします。
歯の形や色などを決めて、補綴物が完成したら、アパットメントに装着し固定します。

治療の進め方の要点
1. 治療が始まる前に

2. 治療の順序と回数(回数の少ない場合)

詳しい説明
ご予約

電話、Fax、E-メール、ハガキ、あるいは直接ご来院されてもかまいません。
緊急な場合は?
痛い・取れたなどは、いつでもできるだけすぐに応急処置をいたします。お電話をください。

初診

治療計画の説明と相談

トップページへ戻る